KYOWA ENGLISH 中文

液状シリコーン成形加工事業プラスチック成形加工事業KYOWA LAB

技術・サービス
ソリューション
製品紹介
お客様が弊社を選ぶ理由
コンシューマ向けサービス
よくあるQ&A
資材担当者向け
ブログ
社長あいさつ
経営理念
品質方針・環境方針
会社概要
個人情報取扱
お問い合せ

[HOME]

ISO14001:2015・JISQ9001:2015(登録番号:EC08J0157)
ISO13485 JP18/040474(登録番号:EC08J0157)
Manufacture of liquid silicon rubber non-return valve for ophthalmic operatiion canula and endoscope

眼科手術用カニューレ及び内視鏡用「シリコーン射出成形逆止弁」の製造

〒611-0041 
京都府宇治市槇島町目川177番地1
TEL(0774)21-2503
FAX(0774) 21-2508
液状シリコーン成形加工事業
液状シリコーンゴム射出成形システム(LIMS:Liquid Injection Molding System)
液状シリコーンゴム射出成形システムとは、優れた特性を持つ液状シリコーンゴム(LSR)と、これを精密・安定的に射出する成形機を用い、且つ高精度を有する金型を組み合わせ、A/Bの2液の材料を混合し材料セットするだけで、以降の成形品完成までのプロセスを自動化できる成形システムです。
image
液状シリコーンゴム(LSR:Liquid Silicone Rubber)
液状シリコーンゴムは室温や加熱で硬化するシリコーンゴムです。
・特長
電気特性、耐熱性、耐候性、耐オゾン性、耐薬品性に優れています。
熱可塑性エラストマーより薄肉成形が可能で、安全性が優れます。
・用途
家電業界をはじめ自動車分野、食品用途、医療用等 様々な分野で活用できます。
・種類
2液混合タイプで、硬度選択(消しゴム40〜タイヤ60)、
各種着色可能。
LSR材料価格・・・一般グレード<選択接着グレード
image

液状シリコーンゴム射出成形の特長
■生産性の向上
液状シリコーンゴムを付加反応で硬化させるため、硬化速度はミラブルシリコーンゴムより速く、成形時間の短縮化が可能です。
■成形の自動化
ノーバリ、ランナーレス成形に対応できます。
さらに硬化後の離型性にも優れることから、成形工程を自動化することができます。
■接着成形法
異種材(樹脂・金属)を金型内にインサート後、液状シリコーンゴムを金型に充填し熱硬化させ接着を行います。 液状シリコーンゴムは熱硬化性樹脂の為、金型温度は120℃〜150℃になります。
■環境への対応
硬化反応による副生成物がありません。またノーバリ、ランナーレス成形によって廃材の処理が不要なため、環境に配慮した製造が可能です。
■液状シリコーンゴムの金型
標準成形タイプ
液状シリコーンゴム単体の金型。
接着成形タイプ
金型を使用して成形する都合上、有効面積に限りがあり、接着成形の場合、シリコーンゴム単体での成形と比較して圧倒的に取り数が減ってしまいます。
オプション
ランナーレスの金型製作が可能です。
■工 程
工程
image
加工成形専用問い合わせフォーム
お問い合わせ専用電話 0774-21-2073
  ▲このページのトップへ