KYOWA ENGLISH 中文

液状シリコーン成形加工事業プラスチック成形加工事業KYOWA LAB

技術・サービス
ソリューション
製品紹介
お客様が弊社を選ぶ理由
コンシューマ向けサービス
よくあるQ&A
資材担当者向け
ブログ
社長あいさつ
経営理念
品質方針・環境方針
会社概要
個人情報取扱
お問い合せ

[HOME]

ISO14001:2015・JISQ9001:2015(登録番号:EC08J0157)
ISO13485 JP18/040474(登録番号:EC08J0157)
Manufacture of liquid silicon rubber non-return valve for ophthalmic operatiion canula and endoscope

眼科手術用カニューレ及び内視鏡用「シリコーン射出成形逆止弁」の製造

〒611-0041 
京都府宇治市槇島町目川177番地1
TEL(0774)21-2503
FAX(0774) 21-2508
プライマーレス接着成形
異種材(樹脂・金属)との接着成形に取り組み、協和化成独自の接着成形技術を活かした製品開発をしています。
もともとシリコーンは非接着という性質を持っていて、この非接着という性質があるゆえにシリコーンゴムの接着は難しい、普通は接着できないと考えられていました。
しかし、接着させる方法としてプライマー処理、及び液状シリコーンゴム(選択接着性)が使用されていますが、 当社では、シリコーンゴム加工技術と今まで培ったプラスチック成形加工ノウハウ、さらには大学及びパートナー企業との連携を駆使して、課題である液状シリコーンゴムと異種材(樹脂・金属)との『接着加工技術』を収得いたしました。
image
■生産コストの低減
プライマーを使用しないことにより、プライマー処理などの下塗り工程、乾燥工程がないため、生産工程が短縮できます。
■環境にやさしい
プライマーレスを可能にしたことにより、有機溶剤の使用による環境汚染の防止に役立ちます。
現在の研究テーマ
  • 液状シリコーンゴムと異種材(樹脂・金属)の接着技術に関する学術的評価
  • 液状シリコーンゴムと異種材(樹脂・金属)の接着力の評価

加工成形専用問い合わせフォーム
お問い合わせ専用電話 0774-21-2073
 
  ▲このページのトップへ