KYOWA ENGLISH 中文

液状シリコーン成形加工事業プラスチック成形加工事業KYOWA LAB

技術・サービス
ソリューション
製品紹介
お客様が弊社を選ぶ理由
コンシューマ向けサービス
よくあるQ&A
資材担当者向け
ブログ
社長あいさつ
経営理念
品質方針・環境方針
会社概要
個人情報取扱
お問い合せ

[HOME]

ISO14001:2015・JISQ9001:2015(登録番号:EC08J0157)
ISO13485 JP18/040474(登録番号:EC08J0157)
Manufacture of liquid silicon rubber non-return valve for ophthalmic operatiion canula and endoscope

眼科手術用カニューレ及び内視鏡用「シリコーン射出成形逆止弁」の製造

〒611-0041 
京都府宇治市槇島町目川177番地1
TEL(0774)21-2503
FAX(0774) 21-2508

【LIM成形に関する問い合わせ】
スマートフォン携帯のバッテリカバーの防水パッキン、コネクタ(USB、microSD)の防水パッキンに使用されています。 また、自動車関連でEV自動車の防水コネクタにも使用されています。
シロキサンによる接点不良の原因とされており使用に制限があります。2次加硫の工程では、シリコーン成分内に残留してしまう低分子量シロキサンを高温で長時間加熱処理することにより、揮発させシリコーン成分の中から除去をする事が可能です。
また、材料メーカーより、低シロキサングレードも販売されており、2次加硫しなくて良い材料もあります。
シロキサンとは、ケイ素(Si)と酸素(O)が交互に結合してポリマーが形成された状態のことをいい、シロキサン結合と呼ばれるシリコーンの主骨格となっています。炭素結合(C-C)の結合エネルギーが356kJ/molであるのに対し、シロキサン結合(Si-O)は444kJ/molと大きく、非常に安定しているのが特長です。また、シロキサン結合は結合角が広く、らせん構造をしており、これらの分子構造がシリコーンの特長を生み出しています。
LIM成形は、可塑成形同様射出成型の金型を製作する為、コンプレッション成形の金型に対し高価になります。但し、コンプレッション成形の寸法精度は安定しませんが、LIM成形では寸法公差0.05レベルで成形が可能です。LSRは、流動性が良く薄肉成形も可能になります。
当社で取り扱っているLSR硬度は、10度〜80度になります。(メーカー限定)
一次側(異種材 PP、ABS、PC、PA、PPS、SUS304、AL、Cu、真鍮)に当社独自の表面改質処理(特許出願中)を行い、一次側をLIM成形金型に挿入しインサート成形で接着させます。
当社に試作用の金型が有り、一次側の材料を頂ければ、試作費用のみで成形試作が行えます。
①Oリング・パッキン等の組立作業が解消され工数削減に繋がります。
②シール部の構造に自由度が広がり、従来のOリング・パッキンでは出来ない防水構造が可能になります。
③熱可塑性エラストマーより薄肉成形性・永久圧縮歪耐熱.耐寒性.耐薬品性 等性能が優れます。
LSRは、5/1000ミクロンの隙間があれば理論的には流れています。よって、超薄肉にも可能です。実績として0.1mmの薄肉成形が試作実績としてあります。
シリコーンゴムへのコーティングすることで解決します。コーティングで得られる摺動感で、作業性の向上、高耐久が得られ、埃等の付着も少なくなります。
シリコーンゴムの多くは、食品衛生法に基づく厚生省告示第85号に適合しているため、食器・調理器具等へは安全に使用することが可能です。また、当社の提案シリコーン材料は、FDAを取得しており、より安全性が高いと思われます。
食品医薬品局の略称です。アメリカでの規格になります。食品や医薬品、さらに化粧品医療機器、動物薬、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行うアメリカ合衆国の政府機関です。
医療グレードとして入手可能ですが、海外での生産材料となります。LSRでは、医療グレードが少なく当社の入手できるメーカーのみになります。また、医療グレードに関しては、使用される内容情報が必要になるケースもあります。
 
  ▲このページのトップへ